ビジネスにもユーモアは大切! 時には料理で息抜きも!

日常にちょっとしたユーモアを!たまには趣味の料理でリラックス!

🚑生まれて初めて救急車に🚑

生まれて初めて救急車に乗った時の話です。

少し前ですが,交通事故に遭いました。事故現場と病院は目と鼻の先。

「救急車呼びますか?」の問いかけに、一瞬、「歩いて行けるじゃん」と脳裏に浮かぶも、「でも痛くて歩けないじゃん」。2つの思いが交錯するも、体の痛みには勝てず、「お、お願いします」

初めてのストレッチャー。初めての救急車内。

あっという間に首は固定され、どんどんと作業が進行。気づけば、ズボンが脱がされ、ちょっとというか、かなり間抜けな格好。

首→ストレッチャーに固定。下→パンツ一丁。この光景が日常的で当たり前という感じで、次から次へと作業を進める救急隊員。

ドラマでは見たことのある光景を、実際に経験して初めて感じたのは、ドラマチックというよりは、痛いけどちょっと恥ずかしい気持ち。

いわゆるメディカルチェック、と言うものを一通り行い、「では行きましょう」と救急隊員さん。

「でも荷物が...」事故現場に貴重品を含め荷物をそのまま残していくわけには...と思い、痛みの中、勇気を振り絞りお願いすると。

「ああ、そうでしたね、ちょっと取ってきます。」良かった、と安堵も束の間。

今度は、荷物の確認。しかも首が固定されてるのに、若干目線の下側で「この荷物で間違いありませんか」と一つ一つ見せられるも、「首が曲がらないので見えません」

先輩隊員が、「もっと上にあげてあげろよ」。なんと気遣いのある一言。

有事でも気遣いが大事。うんうん、そうだ、それが必要だと、心の中の頭と首が上下にスイング。

荷物チェックも終わり、さあ、出発。

「では出発します。もう着きますよ。」

はやっ。普通ドラマでは怪我人を励ますためにそう言うけど、リアルに病院、目と鼻の先。

もうちょっと「バイタル異常ありません」とか「〇〇さん、大丈夫ですか〜」も無く、「着きましたよ」

ちーん。終了。

次回は,後半をお届けします。皆さん,くれぐれも事故にはご注意ください!

事故には気をつけよう!